浮気調査で大切なのは調査終了後の対処です

浮気調査をするにあたり、明確にしておかなければならないことがあります。それはお客様が最終的にどうしたいのか?浮気調査をして離婚を考えている・浮気相手を特定し慰謝料請求を考えている・浮気を防止させてもう一度夫婦円満な生活にしたい・浮気相手が誰なのかを知りたい・・・人により状況は様々です。それにより調査方法や調査内容も変わってきます。また、浮気をしている、浮気をしているのではないか?あなたはなぜそう思われたのでしょうか?一人で悩まずにまずはご相談ください。

「浮気調査」をして夫/妻と離婚したい・・・
  すでに、浮気の事実を知っているので、別れることを前提に調査を依頼された場合には当然、有利な条件ですぐに離婚をしたいとお考えのことと思います。過去に何度も浮気を繰り返された、話し合いをしてもらちが明かなかったなど、改善される余地がない場合にこのケースに至ることが多いようです。そうした場合、有利な離婚の際に有利な条件を望まれるのは当たり前のことと考えます。例えば親権の要求であったり、それに伴う養育費、または財産分与や借金の清算、場合によってはマンションや戸建ての名義変更などです。
配偶者に対して慰謝料を請求したい・・・
  相手の不貞行為を理由にした離婚になる場合、やはり相手に対して慰謝料請求をしたいと考えるのは当然のことでしょう。不貞行為に至った相手に対し、今まで費やしてきた愛情や時間、経済的な損失、そして裏切り行為への制裁といった意味合いも含め、ここでけじめを付けたいと言う方が多いからでしょう。しかしそのためにははっきりとした不貞の証拠を集め、それらを提示する必要があります。
浮気相手に対しても慰謝料を請求したい・・・
  夫/妻といった配偶者のみならず、浮気相手に対して慰謝料を請求することも法的には可能です。浮気とは配偶者以外の異性との性的な行為を指すため、『キスをした』『手をつないで歩いていた』といった世間一般的な浮気の定義よりもかなり限定的で、肉体関係が認められれば慰謝料を請求するができます。
どんな結果でも離婚したくない・・・
  「子供もいるし…」「親や友人の目もある…」「離婚したら生活に支障がでる…」「関係を修復したい…」など、理由は人それぞれですが「離婚はしたくない(できない)」「やりなおしたい」とお考えの方も大勢いらっしゃいます。たとえ調査をして浮気の事実が判明しても相手を許すということになります。そのようなお客に対して、今後のご相談・ご提案などアフターケアを欠かさず、「夫婦関係の回復」に向けて全力でサポートさせて頂きます。
福岡県公安委員会 探偵業届出証明書番号 第90140051  /  熊本県公安委員会 探偵業届出証明書番号 第93070016
| 探偵社 宮崎 興信所 | 探偵社 熊本 興信所 |
        
               
    

浮気調査専門探偵

コンテンツ

探偵BLOG(ブログ)

各種カードがご利用可能です

jcbマスターカードvisa

内閣総理大臣認可
(一社)日本調査業協会加盟員
九州調査業協会会員NO 2122

マーク

プライベイトビデオ特集

私たち探偵は、いかなる時もビデオカメラは持参し体の一部となる様に心掛けています。
代表者や調査員プライベイト撮影した映像をご紹介します。

その他の調査

リンク

本社 / 宮崎以外の支店
熊本本社
096-363-7200
届出番号 第93070016
博多支店
092-432-1666
届出番号 第90140051
久留米支店
0942-38-8840
届出番号 第90090027
電話相談室
熊本市東区 御領
096-389-7730
熊本市西区 上熊本
096-356-4444
八代
0965-35-5552
大分相談
097-552-4303